2021.07.31 06:53

4大SNSの通販での活用について

2013年より通販広告の制作や通販コンサルテイングをさせていただいている株式会社ダイレクト・ラボと申します。本ブログで不定期ではありますが、日々の通販事業者さまのサポート業務の中で出会ったことや通販トレンドを中心に発信していきたいと思います。 何かのお役に立てば幸いです。

ネット通販が活況の今、自社のSNSを上手く運用できるかどうかで売り上げは大きく変わってきます。今回は国内でも多くのユーザー数を誇るLINE、Facebook、Twitter、Instagramの4大SNSの特徴を簡単にご紹介します。

●LINEは無料でメッセージ、通話が行えるアプリで、今やスマホユーザーの誰もが利用するアプリです。LINEを通販メーカーが活用する場合は、LINEのビジネス向けアカウントが利用できます。友達登録を行った方に一斉にメッセージ送信ができる他、専用ページを作れたり、クーポン発行でセール情報なども配信でき、それらは無料でスタートできます。スタートアップしたばかりの企業はぜひ活用したいSNSです。

●Facebookは、LINE同様SNS内にページを設けることもでき、広告掲載も可能です。Facebook広告はそのセグメントに定評があります。対象顧客の絞り込みで、年齢や性別、居住エリア、趣味趣向など、様々な属性に合わせ、自社広告を配信できます。広告の課金形態も選択することが可能で、クリック課金(CPC)、インプレッション課金(CPM)、最適化インプレッション課金(oCPM)などを揃えています。

●Twitterは約140文字の短文投稿で、情報配信共有を行えるSNSです。短文の為、インパクトのある新商品情報やセール情報、イベントの告知などの配信に向いています。またTwitterも、広告を掲載ができます。Yahooと連動し、クリック課金型での広告配信が可能で、さらにハッシュタグをつけることで、ユーザーからの検索数も上がります。Twitterは、このハッシュタグをいかに活用するかがポイントになります。

●Instagramは撮影した写真や動画をネット上で公開、共有することができ、利用者間同士でコンテンツシェアが可能です。高いクオリティーの写真や動画のビジュアルコンテンツをいかに量産できるかが、活用の鍵になります。現在InstagramはFacebookの傘下で、Facebookと同じツールを活用した広告出稿も可能で、FacebookのアカウントがあればInstagramアカウントは不要で、運用のしやすさもポイントです。

いかに良質なコンテンツをつくり、継続的に発信するかが通販でのSNS運用の鍵になります。自社のコンテンツづくりはいかがでしょうか。ぜひ一度チェックしてみてください。

本ブログだけでは中々全てをお伝えすることはできませんが、日ごろの通販ビジネスの何かに少しでもお役立ていただければ幸いです。通信販売に関するお困り事ございましたら、企画・制作・PR・CRM・EC・SNSのコンサルティングなどあらゆることにお応えしています。まずはお気軽にご相談くださいませ。

福岡の通販広告・通販コンサルティング専門の広告代理店

株式会社ダイレクト・ラボ 

ダイレクトマーケティングプランナー 石井 孝典

https://www.directlabo.net/

関連記事

急成長市場のD2C(Direct to Consumer)ビジネス
2021.07.30 21:34
ここ数年通販の世界でも話題のD2C(Direct to Consumer)。生産者となる製造メーカーや個人事業主が製品の企画から製造、販売ま…
今後進む店舗小売の業態からEC通販化
2020.04.16 15:32
新型コロナの影響で経済の先行きが不透明な時代になりました。世界中の経済混乱の影響により、今後、有店舗小売の業態からECを中心とした通販への事…
通販マーケットの配送レベルの変化
2021.05.30 11:45
国内でネット通販が定着する中、ネット通販各社や大手モールは配送力の強化に力を入れはじめています。「商品がいち早く届く」という利便性が、競争激…
多面的に捉えたい通販広告・販促の手法
2021.08.03 06:10
ここ数年で通販市場は大きく成長しましたが、合わせて通販通販の広告のあり方も大きく変わってきています。それは通販の販促に最適とされる広告や今後…


pagetop