2021.08.02 16:50

ECモールを始める際のメリットとデメリット

2013年より通販広告の制作や通販コンサルテイングをさせていただいている株式会社ダイレクト・ラボと申します。本ブログで不定期ではありますが、日々の通販事業者さまのサポート業務の中で出会ったことや通販トレンドを中心に発信していきたいと思います。 何かのお役に立てば幸いです。

ECモールは、ネット上にあるショッピングモール的な存在で、複数の企業や個人事業者が集まり商品を販売しているサイトです。ネット上でLPやSNSなどを使って独自に広告展開を行いながら収益化を行う、いわゆる単品リピート通販的な販売手法とミックスし、ECモールでも商品販売を行う通販事業者も今また多くなってきています。背景にはネット通販の利用が増える中で、広告単価の高騰やユーザーの広告づかれも影響しているのではないかと言われています。

ECモールでは、モールの持つプラットフォームを利用して販売を行えるため、専門的な知識がなくても利用が可能です。ゼロから自社のECサイトやLPなどを制作しなくて済みますし、ECモールによってはデザインや配置を自由に設定することが可能なものもあり、社内外のクリエイターと一緒に質の高い自社モールを設計し、他社と差別化していくことも可能です。

そんな便利なECモールですが、モール出店時には注意点もあります。

それはランニングコストと価格競争。基本的にECモールを利用しながら商品を販売していく際には、初回の登録料をはじめ、システムの使用料や、売り上げに応じた販売手数料などが毎月発生するという点です。売上が多きくなれば、それだけ運営にかかる費用が高くなることも視野にいれながら活用していく必要があります。またそのモールで得た顧客リストの活用はモールによって制限があり、アップセルやクロスセルなどの独自の販促は容易ではありません。

もう1点は価格競争が激しい点。競合の多いジャンルの商材やブランド品などの仕入れ商材になると、消費者はモール内での価格や特典を購入の判断材料にすることが多いため、原価率や仕入れ値のバランス取りがとても大切になります。D2Cが活性になってきている昨今ですが、比較的そのバランス調整が上手くいくため、D2C通販事業立ち上げの初期の段階で導入を検討する事業者様は多いようです。

今後は5Gの普及に合わせて携帯端末やタブレットのさらなる進化も予測され、合わせてモールの機能性や利便性向上し、ますますその活用が消費者間で広がっていくことは容易に想像できます。これらを想定した自社のモールでの取り組みはいかがでしょうか。ぜひ一度チェックしてみてください。

本ブログだけでは中々全てをお伝えすることはできませんが、日ごろの通販ビジネスの何かに少しでもお役立ていただければ幸いです。通信販売に関するお困り事ございましたら、企画・制作・PR・CRM・EC・通販コンサルティングなどあらゆることにお応えしています。まずはお気軽にご相談くださいませ。

福岡の通販広告・通販コンサルティング専門の広告代理店

株式会社ダイレクト・ラボ 

ダイレクトマーケティングプランナー 石井 孝典

https://www.directlabo.net/

関連記事

2020年現時点の通販市場
2020.08.28 06:20
今回は「2020年現時点の通販市場」についてです。 2020年も下期に入り、2021年の消費動向に注目が集まっています。ここ数ヵ月の間でいっ…
通販マーケットの配送レベルの変化
2021.05.30 11:45
国内でネット通販が定着する中、ネット通販各社や大手モールは配送力の強化に力を入れはじめています。「商品がいち早く届く」という利便性が、競争激…
新しい日常と通販CRMの重要性
2020.06.23 11:18
今回は「新しい日常と通販CRMの重要性」についてです。 6月も後半をむかえ、徐々に新しい日常が戻りつつありますが、市場全体が以前と同じように…
ダイレクト・ラボより年末のご挨拶
2020.12.30 16:54
今年も残すところわずかとなりましたが、 お取引先各位、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 1年間大変お世話になり、心より感謝して…


pagetop