2022.05.17 09:29

通販販促は眠っている顧客リストの活用を最優先に

2013年より九州の福岡で通販広告の制作や通販コンサルテイングをさせていただいている株式会社ダイレクト・ラボと申します。本ブログで不定期ではありますが、日々の通販事業者さまのサポート業務の中で出会ったことや通販トレンドを中心に発信していきたいと思います。 読者様の通販ビジネスの何かのお役に立てば幸いです。

新規の顧客獲得には大きなコストがかかります。広告の制作費、それらの媒体への出稿費などで、競合が多いジャンルの通販ではとくにそれらの額が大きくなり、通販事業運営の負担になってきます。そんな新規顧客獲得のコストをなんとか抑えたいと考える際、まず一番初めに実施したいのが、自社の既存顧客リストの活用です。

過去に獲得したお客様の情報や、社員、グループ会社、取引先関係者の情報など、社内に存在するあらゆるのリストが活用の対象になります。そのリストの方々へ、新商品のリリース情報やそれにまつわるイベント、キャンペーンの情報を何らかの形で発信すれば、コストをかけることなく、新規売り上げを獲得できる可能性があります。

あからさまに広告であるような直接的なセールスをかける必要はありません。プレスリリースのように見せたり、関係者への優待のような雰囲気で案内したり、定期的に情報提供メルマガを発行したりと手法はいくつも存在します。意外にもこの既存顧客リストへの販促を検討せず、初めから新規集客のみに頼って、多額の広告費負担に頭を悩ます通販事業者様も多く存在します。

広告の出稿費がゼロ、すぐに実行可能、リトライも容易、そういったシンプルでポジティブな条件だけにスポットをあて、まずは一度自社内の既存リストをクリーニングし、販促ができるかをチェックしてみてはいかがでしょうか。何かしら動きが出てくるかと思います。

本ブログだけでは中々全てをお伝えすることはできませんが、日ごろの通販ビジネスの何かに少しでもお役立ていただければ幸いです。通信販売に関するお困り事ございましたら、企画・制作・PR・CRM・EC・通販コンサルティング、通販リピートの再設計などあらゆることにお応えしています。まずはお気軽にご相談くださいませ。

福岡の通販広告・販促・通販コンサルティング専門の広告代理店                         株式会社ダイレクト・ラボ  ダイレクトマーケティングプランナー 石井 孝典

https://www.directlabo.net/

関連記事

通販における定期制度の今後のあり方
2021.05.31 12:47
マスコミでもしばしば取り上げられるようになった通販の『定期購入』の問題について。「定期の解約ができない」「定期購入の規約がわかりづらい」「そ…
急成長市場のD2C(Direct to Consumer)ビジネス
2021.07.30 21:34
ここ数年通販の世界でも話題のD2C(Direct to Consumer)。生産者となる製造メーカーや個人事業主が製品の企画から製造、販売ま…
D2C(Direct to Consumer)の拡大とその強化
2020.12.23 09:09
D2Cは、商品の企画・生産・ブランディング・広告・販売といった一連の流れを全て自社で完結しますが、それを可能にし、今、拡大続けている要因の一…
ネット広告の規制強化
2020.09.30 15:29
昨今話題になっているのがネット広告の薬機法違反の問題です。ネ通販系商品の純広告やアフィリエイターによる宣伝記事などで、出稿基準を満たしていて…


pagetop