2021.09.14 11:11

コンテンツマーケティングの拡大とこれから

2013年より通販広告の制作や通販コンサルテイングをさせていただいている株式会社ダイレクト・ラボと申します。本ブログで不定期ではありますが、日々の通販事業者さまのサポート業務の中で出会ったことや通販トレンドを中心に発信していきたいと思います。 何かのお役に立てば幸いです。

コンテンツマーケティングは、もはや通販運営に無くてはならないマーケティング手法の一つです。ブログやSNS、動画などを有効に活用し、販売側の伝えたいこと(商品情報)を一方的に伝えるのではなく、購入側の役に立つ生活情報を積極的に発信し、商品を合わせて販促する手法です。ここ数年で多くの通販企業が導入するようになりました。

コンテンツマーケティングの拡大の背景には、Googleの検索エンジンがコンテンツの中身の質的要素を重要視しだしたことが大きいとされています。購入者や読み手の役に立つページがあれば、Google内では検索順位で上位表示される確率が上がるため、通販企業での良質なコンテンツ作りがより検討・実行されるようになりました。

また、通販広告費の高騰もコンテンツマーケティング拡大の要因としてあげられます。通販市場が大きくなるにつれ、ネット広告の価格は年々上昇傾向にあり、その費用対効果も数年前に比べ下がってきているとされています。これは参入企業が増え、広告に購入者側が慣れ、避けられる確率が高くなっていることや、広告自体をブロックする仕組みがアプリケーションとして運用されたりすることも要因の一つになっています。

そういった背景もあり、ここ数年は、質の高いページを自社で作り、サイトへの流入数を増加させる通販企業が増えてきているという印象です。

コンテンツマーケティングの醸成には、良質なコンテンツの蓄積が必要なため時間がかかります。まだ取り組みが浅い場合は、数年後の自社の価値を高めるためにも、今からしっかりと自社のサイトの強化を見直すことをおすすめします。

本ブログだけでは中々全てをお伝えすることはできませんが、日ごろの通販ビジネスの何かに少しでもお役立ていただければ幸いです。通信販売に関するお困り事ございましたら、企画・制作・PR・CRM・EC・通販コンサルティングなどあらゆることにお応えしています。まずはお気軽にご相談くださいませ。

福岡の通販広告・通販コンサルティング専門の広告代理店

株式会社ダイレクト・ラボ 

ダイレクトマーケティングプランナー 石井 孝典

https://www.directlabo.net/

関連記事

通販ECにおける法整備と今後
2021.04.29 09:08
先日、巨大なデジタルプラットフォーム運営事業者とデジタルプラットフォームの利用事業者間で行われる様々な取引の透明性と公正性の確保のために必要…
通販企業のSNS戦略を見直す時期
2021.01.29 08:54
近年、通販広告の中でもネット広告の単価は増加傾向にあります。「つい2~3年前は単価5,000円前後だったものも現在は15,000円程に」「あ…
通販商品の開発手法のトレンド
2021.01.31 07:21
今、通販の商品開発シーンで再注目されているのが、単品リピート型とブランド共感型を合わせたハイブリッド型の商品開発手法です。単品リピート型の商…
機能性表示食品のジャンル拡大
2020.08.24 09:51
2020年秋、「免疫維持」の表示を施した機能性表示食品が販売されることが話題になっています。今の状況渦の中で販売になることも大きな注目点の一…


pagetop