2022.10.06 10:58

定期購入制度の条件の見直し

通販の定期購入制度は消費者にとっては商品をお得に継続購入でき、通販メーカーにとっては継続的に売り上げの見込みをつくることができる双方にとってメリットのある購入システムです。しかし近年そのあり方が見直されはじめています。今回は「定期購入制度の見直し」についてのトピックスをお届けします。お時間ある際にぜひお読みくださいませ。

定期購入の仕組みを導入する通販企業は多く存在しますが、トラブルとなるケースも近年多くなってきています。

例えば定期購入開始時に、商品をキャンペーン価格で提供するかわりに、特定の購入回数の縛りを設けて解約をできなくしたり、解約の際に高額な違約金を請求したりする等、解約条件や解約方法を意図的に複雑にするもので、このような悪質なケースに該当する定期購入制度は行政からの指導対象となることがあります。

消費生活センターへの相談も通販市場が拡大するのと合わせて増加傾向にあり、特定商取引法の見直しや改正なども進み、定期購入のあり方を今一度見直すタイミングにきていると言えます。もともとはユーザーとメーカーの双方にメリットがある制度でしたが、通販メーカー側は広告費の高騰や市場のレッドオーシャン化などにより、獲得したユーザーをなんとしても囲い込みたいという感覚がトリガーとなり、定期購入制度のトラブルにつながっているのかもしれません。自社の定期制度の運用状況はいかがでしょうか。今後の通販市場の変化を見越して、今一度原点に返り、商品の設計やCRMの見直し、価格の再検討などユーザーにメリットのある定期制度とは何かを一度洗い出してみるのもいいかもしれません。

ダイレクト・ラボでは既存の通販事業のCRM再設計の支援、コンサルティング、リフレーミングも行っております。初回ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

福岡の通販広告・販促・通販コンサルティング専門の広告代理店                         株式会社ダイレクト・ラボ  

ダイレクトマーケティングプランナー 石井 孝典

https://www.directlabo.net/

関連記事

円安による通販ビジネスへの影響と対策
2022.11.22 17:14
現在、世界的な経済成長の不透明感が影響し、急速に円安が進んでいますが、通販にもその影響が出始めています。原材料の価格高騰による仕入費用の増加…
通販販促は眠っている顧客リストの活用を最優先に
2022.05.17 09:29
新規の顧客獲得には大きなコストがかかります。広告の制作費、それらの媒体への出稿費などで、競合が多いジャンルの通販ではとくにそれらの額が大きく…
商品配送時の通販ブランド演出
2021.04.28 16:35
数年前までは通販における商品配送のトレンドといえば、いかに資材を少なくし、コストダウンを図っていくかが中心でしたが、今、その流れは大きく変わ…
現在の世界情勢からの国内通販業への影響は
2020.04.06 18:59
2020年1月以降、今の事態の影響が様々な業界で出ていると言われますが、通販業にはどのような影響がみられるかと最近よくお問い合わせをいただき…


ダイレクト・ラボでは通販会社様のCRM設計、広告企画、ブランディング
コンサルティングのサポートを行なっております。
お気軽にお問い合わせください。

pagetop