2021.12.14 14:58

通販のブランドづくりは取捨選択が大切

2013年より通販広告の制作や通販コンサルテイングをさせていただいている株式会社ダイレクト・ラボと申します。本ブログで不定期ではありますが、日々の通販事業者さまのサポート業務の中で出会ったことや通販トレンドを中心に発信していきたいと思います。 何かのお役に立てば幸いです。

通販においてブランドは、お客様へ商品購入の判断を促すための大切なきっかけになりますが、ひとつの通販企業の中に多数のブランドがある会社が見られます。ですが、特別な理由がない限り、ブランドの数はできるだけ絞ることをおススメします。そもそもの商品コンセプトや商品ジャンルが異なるものは別ブランドの立ち上げが有効になりますが、そうではない理由でなんとなくブランド分ける場合は注意が必要です。

見かけのブランドを増やすことはロゴとコピーを使って簡単にできますが、そのブランドが顧客に一定の認知をされるには、継続的な投資とある程度の時間が必要になります。まずは立ち上げの際に「どのようなルールでブランドづくりを行うのか」「何を軸にブランドをつくるのか」を検討し、そのブランドの必要性を考えるようにしましょう。自社のブランド管理はどのような状態でしょうか。ぜひ一度チェックしてみてください。

本ブログだけでは中々全てをお伝えすることはできませんが、日ごろの通販ビジネスの何かに少しでもお役立ていただければ幸いです。通信販売に関するお困り事ございましたら、企画・制作・PR・CRM・EC・通販コンサルティングなどあらゆることにお応えしています。まずはお気軽にご相談くださいませ。

福岡の通販広告・通販コンサルティング専門の広告代理店

株式会社ダイレクト・ラボ

ダイレクトマーケティングプランナー 石井 孝典

https://www.directlabo.net/

関連記事

変わりつつある通販顧客コミュニケーション
2020.05.20 13:27
各業界ではソーシャルディスタンスをとりながら、人と人との接触を避けながらのビジネスモデルが模索されています。緊急事態宣言の解除を受け、新しい…
新しい日常を見据えた通販広告の変化
2020.06.11 17:40
今回は「新しい日常を見据えた通販広告の変化」についてです。緊急事態宣言が解除され少しづつですが日常が戻りつつあります。そんな中、通販広告の出…
急成長市場のD2C(Direct to Consumer)ビジネス
2021.07.30 21:34
ここ数年通販の世界でも話題のD2C(Direct to Consumer)。生産者となる製造メーカーや個人事業主が製品の企画から製造、販売ま…
現在の非常時における通販事業の取り組み方
2020.04.30 21:46
5月6日までの緊急事態宣言延長が現実的なものになる中、影響を受けづらいと言われる通販業界も4月上旬とはまた状況が変化してきています。…


ダイレクト・ラボでは通販会社様のCRM設計、広告企画、ブランディング
コンサルティングのサポートを行なっております。
お気軽にお問い合わせください。

pagetop